音質が良くなりました!

え?、僕の曲を聴いて頂ければ判るとおり、風呂録音スタイルオンザランでした。

コンデンサーマイクで録音してからずっとこんな音しか出ませんでした。
マイクと口の距離を気にしたり、MIXを頑張ったりしました。
でもまったくと言って良いほど音質は良くなりませんでした。

ですが今日、いろいろと調べてやっと音質が悪い原因を突き止めました。


まずこの画像をみてください。


インタフェイス裏


僕が使ってますオーディオインターフェース「UA-25」の裏側です。

ここにコンデンサーマイクを使うにあたってONにしなければいけにスイッチがあります。




インタフェイス裏「アップ」

ココです。
ファンタム電源という所をONにしないとコンデンサーマイクはちゃんと録音されません。
僕は今までココをOFFにしていました。コレはあきませんでした!!



そして問題はもう1つ。

僕の使っているマイクはBEHRINGERのB-1と言います。

コンデンサ表


画像がブレブレブレブレ??!

このB-1というマイクは単一指向性です。


?単一指向性とは?

ウィキペディアのマイクロフォンの「指向性による分類」という所を見てもらえれば判りやすいです。

コンデンサマイクは表と裏があります。

コンデンサ表 コンデンサ裏

スイッチが見える方が表、ツルッツルの方が裏です。

表裏ありますが、単一指向性では表でしか録音できません。
つまり、表に向かって声を発しなければいけないのです。

ココで裏に声を当てると



風呂録音になります

そうです。
リッポは今まで裏に向かって声を発していたのです!!
ぶっちゃけ全ての原因はコレです!
MIXとか設定の問題ではありませんでした。

僕はコレに気づかないことで、ずっと風呂録音で曲を作ることになりました。

コレに気づいた瞬間、あまりにも簡単な事でしばらく放心状態でした( ゚д゚ )



とりあえず今日録音した曲は録り直します!
次に曲をうpするときは綺麗なリッポを見れることでしょう。・・・ごめん、嘘。俺はド汚い人間だZE!
[ 2009/02/13 02:31 ] 制作状況 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rixtupo.blog120.fc2.com/tb.php/145-7396eb89