オーディオインターフェイス購入 - UAC-2 (ZOOM)

先日、ついに僕の使っているPCがMicrosoftの追っ手に捕まりwindows10に強制アップグレードされてしまいました。

最初にPCを起動してからの例のアップグレード画面を見たときは油断した自分を恨んだものですが、いざwindows10を弄ってみたら案外悪くなかったです。

以前使っていたwindows8.1とそんなに変わらないし、動作が重くなるとかも今のところありません。

本当なんでMicrosoftはあんな暴挙に出たんだ…。


しかしひとつだけ問題がありまして、

今まで使っていたオーディオインターフェイスが動作対象外でした。


0143b7724072ec86b7af41b489418e093946a6efe1.jpg


Roland社のUA-25。僕がラップを始めてすぐに買ったので、かれこれ8年使い続けました。

これで色々な曲を作ったり聴いたりしてお世話になってきた訳ですが、ここ何年かは変なノイズが鳴ったりでもうガタがきていました。

買い替えるならこのタイミングでしょうということで早速サウンドハウスで新しいのを購入しました。


0143b7724072ec86b7af41b489418e093946a6efe2.jpg

ZOOM社から出ているUAC-2という去年発売された割かし新しい物を購入しました。

最大の決め手はUSB3.0対応による低レイテンシーの実現というところです。

レイテンシーとは音の遅れのことですね。音の遅れがほとんど無いそうですよ。

僕の場合まず使用用途がボーカルのRECとPCとスピーカー間の接続くらい。

値段も29,160円という安すぎず高すぎず、これぐらいの物が丁度良いかと。


0143b7724072ec86b7af41b489418e093946a6efe3.jpg


久々に音楽機材を購入してテンションが上がってあれこれ書いてしまいました。

こんな上等な物を買ったんなら新曲のひとつでも作れってな感じですけどね。

現在私生活の方がちょうど転換期を迎えそうなアレでして、もうしばらくは田舎の片隅でひそひそしています。
[ 2016/05/25 23:32 ] 制作状況 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rixtupo.blog120.fc2.com/tb.php/568-a579ebc8