2018年に聴いた音楽をプレイリスト組んで振り返る

あけましておめでとうございます。

2019年になりましたが、記事名の通り2018年に聴いた音楽を振り返っていきたいと思います。


過去に書いた記事のリンク↓
2013年に聴いた音楽を再生回数多い順に並べる
2014年に聴いた音楽を再生回数多い順に並べる
2015年に聴いた音楽を再生回数多い順に並べる
2016年に聴いた音楽を再生回数多い順に並べる
2017年に聴いた音楽を再生回数多い順に並べる


前年までは再生回数多い順に並べていたのですが、なんか手の内を明かしすぎてるかなーと今さら恥ずかしくなってしまったので、今回からプレイリストを組んでお送りしたいと思います。


sasaf.png


日本語ラップシーン的に2018年はPUNPEEの年だったのではないでしょうか。ラップは言わずもがな、外部へのプロデュースワークスも光っていましたね。とりあえずPUNPEEとSTUTSを味方につけた奴が勝つみたいな感じはあった気がします。(いやらしい言い方ですけど)

去年リリースの『MODERN TIMES』も2018年中通してみんな聴いてた気がします。俺はこのアルバムだと『Bitch Planet』が1番好きです。

PUNPEE×RAU DEFの外さなさは凄いですね。RAU DEFのアルバム『DELICACY』にも2曲コラボしてましたけど両方とも最高でした。YouTubeに『Unbelievaboy feat. Sugbabe』のMVが上がっていますが、俺は『Friendship feat. PUNPEE』が好きです。

J-WaveでSOFA KING FRIDAYというPUNPEEがパーソナリティを務めるラジオ番組も始まりましたが、俺は毎回radikoのアーカイブを流して皿洗いをしながら聞いてます。



BAD HOPの躍進も凄かったですね。初めて『Kawasaki Drift』を聴いたときはおったまげましたもん。

やってることはtrapとか現行シーンで流行ってる乗り方なんだけど、突拍子の無い言葉選びとかユーモアがあって面白い。

個人的には『Asian Doll』という曲が1番好きです。でも俺の周りでBAD HOP聴いてる人1人もいないんだよなぁ。



tofubeatsは前作のアルバム『FANTASY CLUB』が傑作過ぎて、次のアルバムはPOPな方向に振り切っちゃうんじゃないかなーとか勝手に思っていたのですが、意外と真摯に継続してダンスミュージックに取り組んでいましたね。

いやしかし『RUN』は本当に良い曲だなぁ。ピーナッツくんぽんぽこちゃんの活動を追いながらこの曲を聴いて「やるしかないんだなぁ」とか思ってました。うーん…。



EVISBEATSと田我流の『夢の続き』も良かった。『ゆれる』程のバズが起こっていないのが疑問ですね。MV撮ってお膳立てしてあげないとみんな聴かないのかなーとか思っちゃいました。



NF Zessho氏の『Blono's Way [Another] Feat. RAITAMEN』も本当に素晴らしい。main+inst+a cappellaの黄金仕様でアナログ切ってくれることを熱望しております。



あと2018年はLIBROが復活後にリリースしたCDを一気に追っかけてました。『胎動』リリースから20年経ってもクラシックを量産してくれるんだから有りがたい…。

あと謎に韻踏にドハマりしてました。『24時』と『D.O.H. (DEATH OF HEITA)』を聴くと脳汁が溢れるようになってしまった…。



あとは相変わらずロキノン。

indigo la Endも未だに名曲を作り続けてくれててありがたい限りです(これとかこれとか)。今年はファンクラブに加入してワンマンに行こうと思います。

THE PINBALLSもメジャー一発目のアルバムということで、SF要素抑え気味の初期の頃に近いスタイルだったような気がします。アルバムから3曲MVが作られましたがどれも最高でした。(これこれこれ)





そんな感じですかね。

とりあえず今年の始めは、2018年中にTSUTAYAでレンタルしてインポートしたまま放置していたCDを消化していきたいと思います。
[ 2019/01/02 18:49 ] 音楽話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rixtupo.blog120.fc2.com/tb.php/607-e7cecdfd