銭湯巡り⑤ 寿湯 @東京都台東区東上野 + 斉藤湯 @東京都荒川区日暮里

久々の銭湯巡り記事です。

銭湯にはちょくちょく足を運んでいたのですがブログを書くのがだるくて、気づけば最後に記事を書いてから半年以上が経ってました。

もう2019年になったのに、スマホに去年行った銭湯の写真が保存してあるのもあれなので、この年始のタイミングで記事を書いて消化しようと思います。

というわけで2本立てです。さっそくいってみましょう。

※今回から気になった点を箇条書きでピックアップする感じで書いていこうと思います。



寿湯
S__26361918.jpg

・上野駅を降りてちょっと歩いたところにある、高層マンションの真下にある銭湯。まさに都会のオアシス。

・浴場・洗い場はそこまで広々としている訳ではないけど、白湯(41℃)・薬湯(45℃)・露天風呂・水風呂・サウナなどがあり、欲しいものが全て揃ってる。見事。

・リンスインシャンプー&ボディーソープ完備。

・水風呂もかなり冷えていて、熱湯薬湯との交互浴がかなりキマる。

・洞窟水風呂という凄い水風呂がある。洞窟の中に水風呂がある。凄い。(洞窟水風呂は男湯限定っぽいです。)

・入浴した日はサウナという気分ではなかったので入らなかったのですが、男湯には普通の赤外線サウナともうひとつ塩サウナがあるらしい。また今度行ったときは入ってみます。

ここまで揃えておきながら、そこらへんによくある銭湯みたいな、洗い場とちょっとした浴槽があるだけみたいなところと同じ460円(+サウナ200円)で入れるのだから凄すぎる。

銭湯スタンプラリーや宣伝映画とのコラボなど行いながらも、昔ながらの風情を残した気取らなさもあり。正直この銭湯最強なんじゃないかと思う。

俺が東京に引っ越して銭湯巡りを始めてから出会った銭湯の中で間違いなく1位です。また来たいと思います。





斉藤湯
S__26361920.jpg

・ネットで見る限りどうやら銭湯愛好家からのプロップスが高く、気になって行ってみました。

・外装・内装・浴場がキレイ。全身シャワーがなんかハイカラな感じだった。

・リンスインシャンプー&ボディーソープ完備。頭上のシャワーの向きが変えられるのが地味に嬉しかった。

・浴槽の種類は炭酸風呂、ジェットバス&電気風呂、熱湯風呂、水風呂、露天風呂。これだけの設備を揃えておきながらサウナは無し。

・炭酸風呂はぬるくてよくわからなかったのですぐ出てしまった。

・電気風呂はサイトの情報を読む限りかなりこだわっているらしく、電力ハンパなかったです。元々電気風呂は興味はあるものの苦手なので、少し身体に電流当ててすぐに出てしまった。電気好きの人は是非。

・熱湯風呂がめっちゃ熱かったのですが、水風呂がめっちゃぬるかったです。正直この温度設定なにがしたいんだと疑問に思う。

・露天風呂は浴槽が円形になっていたのですが、この形状だと3人も入ると足を伸ばせなくなってしまうので、正直どうなんだろう。

・マイスターがおいしいビールを注いでくれるということで風呂上りにビール(400円)を注文。上等なビールが出てきたのですが、俺は普段安い居酒屋の安いビールで満足してるようなへなちょこ舌なので安酒との区別がつきませんでした。

・総括として一言でまとめるとするならば「微妙」としか言いようがない銭湯でした。いやー、ネットで情報を集めるのもいいけど実際に行ってみないとわからないもんですね。

ひととおり書き終わって「これネットに上げていいのか…」と思いましたが、まぁこんな辺ぴなサイトの日記なんて誰も見ていないだろということで、ここはひとつ。





2018年中に書き残していた記事もこれにて終了。これで心置きなく2019年を始められそうです。

とりあえず今は練馬区の桜台駅近くにある久松湯という銭湯が気になっているので近いうちに入浴してこようと思います。そして帰りに桜台駅前店のラーメン二郎を食してこようと思います。

去年の大晦日はひだまりの泉 萩の湯で銭湯納めをして(サウナ室のテレビでガキ使見てました)、先日近所にあるシャンプー・ソープ・サウナが無く風情だけはハンパない銭湯で銭湯始めをしてきました。やっぱり足を伸ばして入る風呂は良いですね。

また記事を書いた際はよろしくお願いします。今年はラップもします。
[ 2019/01/13 02:03 ] 銭湯巡り | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rixtupo.blog120.fc2.com/tb.php/608-f5a61d62