ここ最近の活動報告 (レーベル始動&EP2作品公開)

ブログの更新が遅れてしまいすいませんでした。

多数のタスクを同時進行でこなすのって難しいですね。

ここ最近の近況というか活動報告が3つほどありますので、順に書いていきたいと思います。





SICK IT RECORDS 始動

わたくしRIPPOが主宰の音楽レーベルを立ち上げました。

weifbaewrgbvai.png

今後はここからRIPPOや周りの仲間たちの楽曲をリリースしていきます。

ネットラップ界隈とかではもう何年も前から数多のネットレーベルが立ち上がっては活動停止していって、2019年にもなって今更かよって感じでもあるのですが、まぁあると色々と便利なんですよね。

ちなみに最初はShikkinRecordsという名前にしようと思っていたのですが、さすがにどうだろうと思いとどまり似た名前を考えた結果こんなド厳つい名前になりました。

ツイッターやサンクラのアカウントも作ってすでに動いております。よろしければチェックして頂ければと思います。

Twitter @sickitrecords
SoundCloud https://soundcloud.com/sickitrecords

何かご連絡等ありましたらこちらのメールアドレスからお願い致します。
sickitrec★gmail.com (★→@)





SICK IT RECORDS第1弾作品、D.T.C.『EP1』 リリース



[SIR-001] D.T.C. - EP1
Free Download Link
http://www.mediafire.com/file/8gw58sh78gjju1d/%5BSIR-001%5D+D.T.C.+-+EP1.zip

"EP1"
結成から10年(くらい)、長すぎる沈黙を続けてきたD.T.C.がついに重い腰を上げる…。SICK IT RECORDS第一弾作品にしてD.T.C.デビュー作、Free Download 1stEP『EP1』リリース。匿名ビートメーカーによる真っ黒に焦げたビートにD.T.C.の基本スタンスを提示したDOPE SHIT『Theme of D.T.C.』、混沌とした緊張感の中でマイクパスを繰り広げる『Dickiez』、大阪旅行時の高揚感をそのまま楽曲に落とし込んだ『Sun-Suck』の3曲を収録。

"D.T.C."
2010年頃に自然発生的に結成された、Mr.Vibeman/Rhyme先輩/山本絶望による3MCユニット。LINEグループ内でのコミュニケーション(ほぼ毎日)と年一の国内旅行を主な活動とし、テンションが一致した際に曲作りをする。メンバーが共通して影響を受けてきた90's HIPHOPのエッセンスに独自のユーモアとワードチョイスを織り交ぜた、他に類を見ないスタイルとなっている。2019年3月に1stEP『EP1』をFree Downloadでリリース。



なかなか素性が謎に包まれているCREWではありますが音楽性はなかなかドープなので是非聴いてみてください。

あとEP公開&平成終了記念ということでエクスクルーシブ音源を2曲upしてます。こちらもどうぞ。





ちなみにメンバーのMr.VibemanとRhyme先輩はツイッターもやっております。

Mr.Vibeman @mrvibemandtc
Rhyme先輩 @RHYMESENPAI





SICK IT RECORDS第2弾作品、Three K 『Startline EP』 リリース



[SIR-003] Three K - Startline EP
Free Download Link
http://www.mediafire.com/file/1rv48dkzwbodhqb/%5BSIR-003%5D+Three+K+-+Startline+EP.zip

"日本語ラップ好事家待望 2011年産最重要EP 再発!!"

Mr.K・Kay-7・Kerberosによる2MC1TMユニットThree Kの唯一のEPがSICK IT RECORDSより再リリース。

2008年に各々で活動をしていたMr.K・Kay-7・Kerberosがネットを介し出会い、動画投稿サイトにコラボ楽曲『Three K』をup。2011年に『Startline EP』をフリーダウンロードでリリース。問答無用なグルーヴィかつ強靭なビートと日本語ラップの矜持を感じさせるライミング&フローで好事家を唸らせる。
DLリンクが消失してから長い間入手困難となっていたが、平成の終わりにSICK IT RECORDSより再発。元号が変われどHIPHOPへの熱き初期衝動は時代に流されず残り続ける。



俺の超好きなCREWのEPを自分のレーベルから再発させてもらいました。

このレーベルを動かすにあたってこのEPの再リリースは外したくないミッションでした。

今でもしょっちゅう聴いてるので懐かしいさは感じないのですが、聴いたことがある人はあらためて、聴いたことが無い人は是非この極上HIPHOP・日本語ラップをご堪能ください。





こんな感じですね。

今後は俺のソロ制作や音源以外での活動とかもやっていけたらと思っています。

もう何年も音楽活動をサボってきたのでもう誰も俺のことなんて知らないだろうっていう前提で、また1からやっていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。
[ 2019/04/27 17:00 ] 音源 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rixtupo.blog120.fc2.com/tb.php/611-cb54e8ed